営業マンを極める!


営業マンのカリスマを目指して
by yyozchmrhg
プロフィールを見る
画像一覧

【暗流独法「仕分け」】基盤研 天下り法人と癒着 不透明な契約も明らかに(産経新聞)

 独立行政法人(独法)を対象にした「事業仕分け第2弾」の3日目となる27日、民間の医薬品開発を支援する「医薬基盤研究所」(基盤研、大阪府茨木市)にメスが入った。天下り法人との癒着や契約の不透明さが明らかになり、仕分け人は「納得できない」と指摘した。

 「密接に協力しているのはどういうわけか」。仕分け人の土居丈朗・慶応大教授は、財団法人「ヒューマンサイエンス振興財団」と基盤研の関係に切り込んだ。基盤研は、がん研究などに使う培養細胞株などの生物資源を財団に無償で提供。財団は、他の研究機関に有償で譲渡している。

 財団の役員40人のうち、6人が基盤研を所管する厚生労働省の出身者。しかも、基盤研は赤字にもかかわらず、財団は毎年約1500万円の黒字を計上している。基盤研には毎年約100億円の国費が流れており、仕分け人は「財団に利益が上がる仕組みはおかしい」と指摘した。

 これに対し、基盤研は「これはやめるべきだと決めている。財団を経由しない方法を計画している」と癒着関係を認めたが、「私たちの前身の団体がやっていたこと」と、原因については無責任ととれる発言もあった。

 また、自前の研究者がいない財団自体にも、研究開発費用として約10億円の国費が流れており、これについても議論が沸騰した。

 仕分け人は「理解できない。財団はほぼ何もやっていない。意味のない組織だ」と批判。公益法人が対象となる5月下旬の事業仕分け第2弾の後半で取り上げる方針を決めた。さらに、基盤研そのものの存在についても、なぜ民間への“橋渡し”をする機関が必要なのかという根本的な議論もあった。

【関連:事業仕分け】
医薬基盤研のベンチャー支援廃止
天下り不在400億円金融資産…万博機構どうなる存廃
1億円?2億円? 国産航空機の維持費めぐり仕分け人が怒り
理研、職員妻に月給50万円 枝野担当相「言い訳ばかり!」
「蓮舫きたー」 5社がネット中継 アクセス集中で中断トラブルも
「裸の王様」次に座るのは…

志位委員長が訪米へ=結党以来初めて−共産(時事通信)
<医療事故>手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京(毎日新聞)
<舛添氏>近く離党の意向 新党結成目指し「最後の詰め」(毎日新聞)
「ニュースばかりみていた」ようやく帰国の日本人(産経新聞)
地方議員47人が参画=日本創新党(時事通信)
[PR]
by yyozchmrhg | 2010-04-27 16:17

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧